アビガンは大丈夫?海外の反応や日本・中国コロナウイルスの対策は

medic

インフルエンザ治療薬に使われている「アビガン」が、新型コロナウイルス治療薬として使用することが発表されましたね。

この「アビガン」がどのような薬なのか、副作用とかはないのか?

既にアビガンを使用している中国や海外の反応が気になります…

そこで、今回は「アビガンは大丈夫?海外の反応や日本・中国コロナウイルスの対策は」と題して、アビガンは大丈夫なのか、海外の反応や日本の反応などについて調査してみました。

アビガンは大丈夫?

medications

medications

政府が「アビガン」を新型コロナウイルス治療薬として使用することを発表しましたが、不安の声を多く聞きます。

アビガンを使用して大丈夫なのでしょうか?

政府は薬についてシッカリと国民に説明する必要があると思いますが、皆さんどう思いますか?

このような状況の中、国が具体的なアクションを起こす可能性も出てきた。厚生労働省の加藤勝信大臣は2020年2月22日、「(アビガンが新型コロナ感染症に対して)効果があるかどうか検証し、一定の効果があるということであれば、幅広い医療機関で使えるような状況を作っていきたい」とし、アビガンの使用を検討するとの見解を示したと複数のメディアが報道した。今後、アビガン以外の医薬品も含め、複数の医薬品について実用化に向けた研究が本格化する可能性が高まってきた。
 もっともアビガンは、動物実験において初期胚の致死や催奇形性が確認されており、安全性に懸念も残る。ただ、今後専門家の協力の下、安全性に十分配慮した試験が着実に進み、新型コロナウイルス感染症と戦う患者に、いち早く治療法が届くことに期待したい。

アビガンとは、有効成分ファビピラビルを含んでいる治療薬。

本来はインフルエンザの治療薬として開発されたようです。
って言われても、「ファビピラビル」って何?って感じですよね(^^;)

ファビピラビルは、簡単に説明すると、体内に入ってきたウイルスが細胞内で増殖するのを防ぐ役割をします。

悪者が増える事を防ぐヒーローですかね♪

ファビピラビルは、インフルエンザだけでなく「エボラ出血熱」やその他のRNAウイルスに対しても効き目があると言われています。

ギニアのエボラ出血熱対策を目的とした日本政府からの緊急無償資金協力の調達物資に採用 … 今後、「アビガン錠」は、エボラ出血熱に感染した患者の治療に使用されます。 「アビガン錠」は、富士フイルムグループの富山化学工業株式会社が開発した抗インフルエンザウイルス薬です。

治療薬としてはかなりの期待が持るという話です。

ただ…

動物実験において初期胚の致死や催奇形性が確認されており」ってちょっと怖すぎ…
これを知ったら使いたくないと思う方は多いですよね。

特に若い方はこれから子供を授かるのですから、怖くて使えませんよ(;゚Д゚)

しかし、ある一定の期間を超えれば問題ないと言われています。
ん~、本当かな…

老人なら気にせず使用できるのですが…

アビガンは、「緊急事態」「いざという時」の活躍を期待して許可された薬のようです(‘◇’)ゞ
「背に腹は代えられない時」ってことですかね(^^;)

海外の反応は?

エボラ出血熱が流行した際は海外での使用目的の為に追加生産を始めた事が伝えられています。

今回も中国や日本でアビガンが新型コロナウイルスに聞く事が確認されれば、海外への生産がされる可能性はあります。

韓国は既にアビガン使用の検討を始めているようですね。

アメリカなどは日本での効果に注目していると思われます。

中国コロナウイルスの対策の反応は?

海外メディアは、中国の病院が、80人規模の患者を対象にした臨床試験に基づいて、アビガンの成分であるファビピラビルが抗HIV薬よりも優れた抗ウイルス活性を持ち、副作用が少ないことを示唆した報じている。

中国では既に使われているようですが、肝心な「効き目」についての情報がありません(>_<)
そして、中国ではアビガンだけでなく、クロロキンという抗マラリア薬が使用されているようです。

また、アビガンの開発に携わった、千里金蘭大学の白木公康副学長(富山大学医学部元教授、専門はウイルス学)は、出演したテレビ番組で、「僕が重症の(新型コロナウイルスによる)肺炎になったら、自分で開発したアビガンを使いたい。アビガンは全てのRNAウイルスに効く。日本で重症例が出た場合は、日本でも治療の選択肢になりうる」という趣旨のコメントを残している。

現状、中国でアビガンを使用し「何%が回復しているか」などの具体的な情報が欲しいものですね…

日本の反応は?

「これ(アビガン)を検証して一定効果があれば、幅広い医療機関で使える状況を作っていきたい」
加藤厚労相は、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、効果を確認したうえで、広く提供できるようにしたいと述べ、使用を検討する方針を明らかにした。

厚生労働相は、新型コロナウイルス治療薬ができるまでの間、アビガンやそれ以外の薬でも効き目が確認できれば治療現場で活用したいとも言っています。

なぜなら、ウイルス全般に効くとされているからです(‘◇’)ゞ
エボラでの実績もあり一部では治療薬として使用する事を望む声が以前からあったようです。

ネット上では大混乱でした(>_<)
でも、不安のツイートが8割以上でしたね…

ん~、意見は色々ですね。

あなたは、どうですか?賛成派?反対派?

まとめ

いかがでしたか?

今回は「アビガンは大丈夫?海外の反応や日本・中国コロナウイルスの対策は」と題して、アビガンは大丈夫なのか、海外の反応や日本の反応などについて調査してみました。

ネット上では「アビガンは大丈夫なの…」と心配する声があがっています。

できる事ならば、アビガン使う事は避けたいので、早く新型コロナウイルスに効く薬が開発されることを願います!

関連記事:こちらもご覧下さい!

saladあおさ新型コロナウイルスを制御?栄養や中部大学研究結果は本当?
laboratory新型コロナウイルスの致死率を比較!完治までの日数や治療法は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です