ヘンリー王子の父親ヒューイットとは誰?生い立ちの噂を徹底調査!

walking

先日、ヘンリー王子&メーガン妃が発表した「王族を退き『経済的な自立を目指す』」が世界中で大きな波紋を呼んでいます。

なぜ、ヘンリー王子はこのようは決断をしたのでしょうか?

色々な噂がありますが、理由の1つに「ウィリアム王子と比較され続けてきた」事があるようです。

そして、ヘンリー王子の本当の父親はチャールズ皇太子ではないからでは?とも噂されています。

えっ!ヘンリー王子の父親ってチャールズ皇太子ではないの(;゚Д゚)
すごく気になりませんか?

そこで、今回は「ヘンリー王子の父親ヒューイットとは誰?生い立ちの噂を徹底調査!」と題しまして、ヘンリー王子の父親と言われるヒューイットとは誰なのか?生い立ちの噂は本当なのか?そして、なせ噂さされるのか?を調べてみました。

ヘンリー王子の父親ヒューイットとは誰?

ride

ジェームス・ヒューイット(James Lifford Hewitt)氏はイギリス陸軍の元騎兵将校で、当時チャールズ皇太子の妻であったダイアナ妃との不倫を暴露し注目を集めた人物です。

当時ジェームス・ヒューイット氏は、ダイアナ妃の乗馬のインストラクターでした。

ダイアナ妃との関係が世間に知れ渡り湾岸戦争の真っただ中、イラクに送られたそうです(^^;)

その後、ジェームス・ヒューイット氏はコカイン所持で逮捕されたり、心臓発作と脳卒中で倒れたり…と噂は色々ありましたが、現在はお母さんと一緒に暮らしているようです。

結婚は一度もしていないようです…

ん~、ダイアナ妃が忘れられなかったのでしょうか?

ヒューイット氏とダイアナ妃との関係は?

皆さんご存知とは思いますが、ダイアナ妃と結婚したにも関わらず、チャールズ皇太子とカミラ・パーカー・ボウルズさんとの関係が続いている事で、ダイアナ妃はとても辛い思いをしていました。

勿論、それだけではなく、慣れないイギリス王家の生活、生まれたばかりのウィリアム王子のお世話、広い王宮の中で、淋しく孤独だったようです。

そんな中、ジェームス・ヒューイット氏に出会い、ダイアナ妃は愛を求めてしまいました(>_<)
恋に落ちたダイアナ妃はジェームス・ヒューイット氏の農場によく通っていたといわれます。

しかし、ダイアナ妃との関係が終わってからジェームス・ヒューイット氏は暴露本を出版します。

これにはダイアナ妃も大きなショックを受けていたようです。

そりゃー、そうですよね終わってしまった愛とは言え「暴露本」ですよ!

世間に自分のプライバシーを公開されたこともショックですが、何より関係が終わって暴露するって「小さい男」感が…こんな男を愛していたのか…ってショックが大きのではないでしょうか?

1994年10月には5年に渡るダイアナの不倫相手だった元騎兵連隊将校ジェームズ・ヒューイット(英語版)がダイアナと自分の不倫についての暴露本『恋するプリンセス(Princess in Love)』(ISBN 978-0525940173)を出版したが、ダイアナはこれにだいぶショックを受けたようだった。

出典:Wikipedia

その中で彼女は皇太子とカミラの関係について「この結婚生活には三人の人間がいたのです。少し窮屈すぎますね」と表現した。また彼女自身もヒューイットと不倫していたことを認めた(ヒューイットが金目当てで暴露本を出版したことにショックを受けており、現在彼への熱は冷めたと主張した)

出典:Wikipedia

ダイアナ妃は潔くジェームス・ヒューイット氏と不倫関係にあったことを認めています。

個人的に不倫って許せないので、認めればいいというものではありませんが…
旦那も不倫、自分も不倫ってロイヤルファミリーってドロドロの世界ですね(^^;)

ヘンリー王子の生い立ちの噂は?

そしてジェームス・ヒューイット氏ヘンリー王子の父親ではないかと言われるのには、理由があります。

第1に、外見がそっくり!!
ジェームス・ヒューイット氏の若い頃とヘンリー王子の外見が確かに似ているんです(;゚Д゚)

画像は、後ほどご覧くださいね!

そして、第2に髪の毛。

ダイアナ妃もチャールズ皇太子もブロンドですが、ヘンリー王子は赤毛(-_-)
不自然と言えば、不自然ですよね。

そして、ジェームス・ヒューイット氏は赤毛です…

第3に、ヘンリー王子の性格が1人だけ異なると言われています。
ヘンリー王子はとても明るく、やんちゃな性格をしているようで、この事もチャールズ皇太子の本当の息子ではないのでは…と噂される原因のようです。

ですが、末っ子って「やんちゃで明るい」子が多いと思うので、カナリ無理やりに思えます。

そして、極めつけはダイアナ妃とジェームス・ヒューイット氏が不倫関係にあった時期とヘンリー王子を授かった時期が一致しているということ(;゚Д゚)

そうなんです、ダイアナ妃がヘンリー王子を授かった時期は、既にチャールズ皇太子との仲は冷え切っていました。
ですから、ヘンリー王子を授かるのは少し無理があるような…

夫婦の事は、夫婦にしか分かりませんが(>_<)

そのうえ、ジェームス・ヒューイット氏は「ヘンリー王子が生まれる1年前からダイアナ妃と性的関係を持っていた」と、ダイアナ妃が亡くなってから言っています。

…これ、かなりヤバイ感じですよね(^^;)

しかし、この「ヘンリー王子はジェームス・ヒューイット氏の息子では?」の噂が余りにも大きくなり過ぎた為、ヘンリー王子はDNA鑑定を受けたという話です。

ヘンリー王子、気の毒です…

不倫相手の息子と言われたあげく、DNA鑑定をさせられるとは、ひどい仕打ちです(T T)

そして、結果は!

勿論、紛れもなくチャールズ皇太子とダイアナ妃の息子でした♪

良かった~^^

不倫相手の子なんて、どこのどいつが言い出しやがった!!って感じですよね(笑)

並べれば、親子ですよね♪

 

関連記事:こちらもご覧下さい!

buckingham-palaceヘンリー王子の資産や収入と今後の仕事は?若い頃画像についても! 家族メーガンはカナダのどこで暮らす?豪邸や女優業復帰と妊娠の噂を調査!

 

ヘンリー王子の父親ではと噂された、ジェームス・ヒューイット氏の画像はこちらをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「ヘンリー王子の父親ヒューイットとは誰?生い立ちの噂を徹底調査!」と題しまして、ヘンリー王子の父親と言われるヒューイットとは誰なのか?生い立ちの噂は本当なのか?そして、なせ噂さされるのか?を調べてみました。

こうやって調べると、ロイヤルファミリーって凄い世界ですね(^^;)

色々噂されても、ドロドロの世界でも、ヘンリー王子がこれからも明るく、少し「やんちゃ」な性格のままでいてくれることを願わずにはいられません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です