HY仲宗根泉と旦那の出会いは実習先の中学生?年の差や馴れ初めも

sunset

仲宗根泉さんは、縄県出身のバンド「HY」のキーボード&ボーカル担当で、作詞作曲もしています。

HYはで代表曲と言えば「336日」!

もちろん、この曲も仲宗根泉さんの作詞作曲しています。

「365日毎日思っても足りないくらい、あなたが好き」という恋心を書いたこの曲は、知らない人がいない程の大ヒットでしたが…

今、仲宗根泉さんが書いた「Song for …」という曲が注目を集めています。

どうもこの曲、仲宗根泉さんが旦那さんに向けて書いた曲「Love Letter」だったらしいのです!

そこで、今回は「HY仲宗根泉と旦那の出会いは実習先の中学生?年の差や馴れ初めも」と題して、HY仲宗根泉さんと旦那さんの出会いや馴れ初めも、歳の差の噂について調べてみました。

HY仲宗根泉と旦那の出会いは実習先の中学生?

仲宗根泉さんは2012年の結婚していて、旦那さんのお名前は「ひろたか」さんとおっしゃいます。

そして、2人の出会いは仲宗根泉さんの教育実習先、しかもひろたかさんは当時中学生だったという噂 (;゚Д゚)

それ、マズいですよね…

犯罪ですから!

しかし、調べてみたところ教育実習生だったのは仲宗根泉さんのご友人。

安心しましたね!

犯罪の話になってしまうかと思いました(笑)

スポンサーリンク

HY仲宗根泉と旦那の年の差や馴れ初めも

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Izumi Nakasone(@hy_izumi)がシェアした投稿

仲宗根泉さんが20歳の時に、教育実習生をしていた友人に、実習先の生徒たちとの食事に誘われました。

そして、その生徒(中学生)の中の1人が現在の旦那さんだったのです。

食事会で意気投合した2人は連絡先を交換したようですが、それ以上の展開はなく…

お付き合いはしなかったそうです。

そうなりますよね~、20歳と15歳の年の差って凄く離れている感覚ですよね。

これが、30歳と35歳とかだと、それほど年が離れている感覚がなくなるのが不思議です。

しかし、仲宗根泉さんは初めて食事会でひろたかさんにあった時に「この人と将来結婚するかも」と感じるものがあったとか…

現実お2人は結婚されていますので、仲宗根泉さんの感は当たったという事になります。

恐るべし、仲宗根泉さんの野生の感!

出会った当時は20歳と15歳という事もあり、交際に発展しなかったお2人ですが、7年後に偶然再会!

そして交際、結婚をされました♪

実は、仲宗根泉さんはひろたかさんが20歳になった時に「付き合って欲しい」と告白をされています。

これは、15歳のひろたかさんと20歳の仲宗根泉さんが「ひろたかさんが20歳になった時に、お互いまだ好きだったら付き合おう」と約束していたからなんです。

ひろたかさんは20歳になっても仲宗根泉さんの事が好きだったんですね…

当時、仲宗根泉さんにはお付き合いしている男性がいたため、断っています。

はぁ~、ひろたかさんの気持ちを考えると、切ない…

しかし、この2年後に運命の再開を果たしていますので、まるでドラマのようなお話です。

運命ってこういう事を言うんですよね!

「どんなに回り道をしても最終的には一緒になる」ステキなお話です^^

「Song for …」は仲宗根泉さん当時の気持ちを書いた曲という事で注目が集まっています。

「Song for …」は切ない曲ですが、こんな素敵な話を聞いた後にだと「その先に幸せがあるから大丈夫!」と違った気持ちで聞く事ができます。

HY仲宗根泉とのプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Izumi Nakasone(@hy_izumi)がシェアした投稿

名前:仲宗根泉(なかそね いずみ)

 

生年月日:1983年11月1日

 

出身地:沖縄県うるま市

 

血液型:A型

 

出身校:沖縄県立与勝高等学校

ご家族は、2人の子供さんと旦那さんの4人家族です。

ドラム・ラップ担当の名嘉俊さんとは、高校の同級生で、いとこ同士だそうです。

そして、仲宗根泉さんの書く曲は、余りにも共感できる失恋ソングが多い事から「失恋ソングの女王」とも呼ばれています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「HY仲宗根泉と旦那の出会いは実習先の中学生?年の差や馴れ初めも」と題して、HY仲宗根泉さんと旦那さんの出会いや馴れ初めも、歳の差の噂について調べてみました。

テレビで見る仲宗根泉さんはテキパキしていたり、インスタではふざけた写真が多かったり、曲とのギャップがかなりありますが、本当は乙女の心を誰よりも持った女性なのかもしれませんね^^

これからも「失恋ソングの女王」仲宗根泉さんのつくる魅力的な曲の人気は続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です