黒岩祐治の出身高校大学!嫁や息子とアナウンサー経歴の評判がヤバイ!

テレビカメラ

GW(ゴールデンウィーク)連休初日の朝、神奈川県内の携帯電話に緊急速報メールが一斉送信されました。

内容は「外出自粛の徹底」を求める黒岩祐治知事からの緊急速報メール!

午前10時という時間や、アラートつき急速報メールだった事もあり、ネット上では大批判…

「緊急ではないでしょ? 勘弁して」「緊急速報メールをこのような用途に使うのは無駄!」など、結果的に自粛する県民の怒りをかってしまったようです(^^;)

そして、少し前には医療従事者を「コロナファイター」と名付け、「ロゴマークやステッカーを作成配布する」と言い出したり…

そんな、少しズレている?黒岩祐治はどのような方なのでしょうか?

そこで、今回は「黒岩祐治の出身高校大学!嫁や息子とアナウンサー経歴の評判がヤバイ!」と題して、黒岩祐治知事の学歴・経歴やアナウンサー経歴、嫁と息子と評判について調べてみました。

黒岩祐治の出身高校大学!!

プロフィール

名前:黒岩祐治(くろいわ ゆうじ)

 

生年月日:1954年9月26日

 

血液型:O型

 

出身地:兵庫県神戸市

 

出身高校:灘高等学校

 

出身大学:早稲田大学政経学部

黒岩祐治知事は高校時代に生徒会長を務めていたそうです。

この頃から既にリーダーとしての素質があったようですね!

もちろん、成績や生活態度なども模範生だったのでしょう…

「生徒会長」って響きだけでも、かっこいい感じがしますよね(笑)

大学に在学中は、早稲田大学雄弁会とミュージカル研究会に所属。

なんと、あのラサール石井と一緒の舞台に立っていたそうで、現在もミュージカルは奥様と一緒に見に行くとこがあるそうです。

黒岩祐治知事は神奈川県出身かと思っていましたが、兵庫県出身だったのですね。

神奈川県の知事選に立候補を決めた際は奥様に大分反対されたというお話です。

スポンサーリンク

 

黒岩祐治の経歴やアナウンサー時代について

1980年:フジテレビジョンに入社
    営業部勤務3年、その後は報道記者となり、政治部、社会部、さらに番組ディレクター経験

 

1988年:『FNNスーパータイム』のキャスター就任

 

1992年:フジテレビの日曜朝の『報道2001』のキャスター就任

 

1997年:ワシントンD.C.支局特へ派員

 

1999年:『報道2001』のキャスター復帰

 

2009年:長年キャスターを務めていた『新報道2001』において「55歳になるのを機にサラリーマン生活に一区切りをつけることにした」と、フジテレビ退社
    国際医療福祉大学大学院教授を2011年まで務めた。

 

2011年:神奈川県知事選挙に出馬、初当選

 

2015年:神奈川県知事選挙に2期目出馬、2期目当選

 

2019年;神奈川県知事選挙に3期目出馬、3期目当選

黒岩祐治知事の経歴を見ると、アナウンサー時代から「医療・福祉」系の活動に力を入れていように感じます。

自ら企画・取材・編集まで手がけた救急医療キャンペーン(平成元年~平成3年)が救急救命士誕生に結びつき、平成2年に第16回放送文化基金賞と民間放送連盟賞を受賞。

その他、人気ドキュメンタリーシリーズ「感動の看護婦最前線」「奇跡の生還者」のプロデュースキャスターを務める。「感動の看護婦最前線」は平成5年度、14年度の2度にわたって民間放送連盟賞を受賞。
国際医療福祉大学大学院教授に就任、研究テーマは「医療・福祉に関する実践的メディア論」「医療・福祉に関する報道の検証」「メッセージ力の高め方」など

アナウンサー時代から黒岩祐治知事の評判は「色々な事に意欲的に挑戦する人」というものだったそうです。

アナウンサーから政治の世界へ参戦することも、かなり大きな挑戦ですよね。

黒岩祐治の嫁と息子は?

黒岩祐治知事は奥様と2人の息子さんの4人家族です。

奥様とは、とても仲が良いようで、ミュージカルや映画を一緒に見ることは勿論のこと、結婚記念日や誕生日などの記念日はお祝いを欠かさない、自他共に認める愛妻家らしいです。

「休日には、妻とミュージカルや映画などを楽しみ、エネルギーを充電する」と過去のインタビューで答えています。

息子さんは2人共、既に結婚されてい、2人のお孫さんがいます。

心が休まる瞬間は2人の孫と遊ぶ時らしいですよ♪

息子さんに関する情報は余りなかったのですが、次男についていくつか情報がありました。

名前:黒岩和輝

 

出身大学:一橋大学商学部

 

勤務先:アフラック

そして、twitterには三浦マラソンに参加した際の写真がありました。

ツイートの内容は息子さんと一緒に走ったことについてなのですが、写真のお2人が黒岩祐治知事の息子さんかは分かりません。

似ているとは思いますが…

左の方が若すぎませんか?写真写りの問題でしょうか??

黒岩祐治の評判!

神奈川県知事選挙では3選している黒岩祐治知事ですから、評判が悪くない事は明らかです。

しかし、2019年の大型台風による断水被害で、陸上自衛隊の給水車がを引き返し、待機させ謝罪を行なったり。

県庁で記者団の取材に応じた知事は「後から考えると、ルールに基づいてなかったとしても、融通を利かせて(自衛隊の給水車で)給水するという柔軟な対応もできた。判断を下す余裕がなかった」と述べた。

医療従事者を「コロナファイター」と名付け、ロゴマークやステッカーを作成、配布することを発表したり…

誰のお金?神奈川県民の税金で勝手にステッカー作成?!

今回の緊急速報メール(アラート)配信で批判も広がっている事は確かなようです…

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛を求める緊急速報メールを配信したことに戸惑いの声が広がっている。
「地震速報と同じ警告音を鳴らしてまで送る内容かこれ?」
「叩き起こされた…緊急地震速報と同じアラームはやめてれ」
「神奈川県の緊急地震速報の価値を下げちゃいそうで大問題」
「朝10時って…観光地に向かってるアホはもう家出てるよ」
「エリアメールだから神奈川に来るなと言っても意味が無い」
アラートつきの緊急速報メールは本来、地震や自然災害などで使われるものとの認識が一般的。新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、メッセージを発信できるようになってはいたものの、土曜日の午前中に“ステイホーム“していた多くの県民は混乱した。
しかも、神奈川県民のみならず、隣接する東京・町田市民も巻き込まれた。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「黒岩祐治の出身高校大学!嫁や息子とアナウンサー経歴の評判がヤバイ!」と題して、黒岩祐治知事の出身高校大学やアナウンサー経歴、嫁と息子と評判について調べてみました。

黒岩祐治知事の考えが全て県民から批判される訳ではありませんが、神奈川県民が一生懸命働いて納めている税金の使い方や、県を代表する知事としてやるべきことを、もう少しじっくり考えて行動して欲しいものです。

頭もよく、行動力のある方ですから今後の活躍に期待したいものですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です