サブスク&ストリーミング配信とは?嵐やスピッツも楽曲解禁!

music

ここ最近、「サブスク(サブスクリプション)」「ストリーミング配信」という言葉をよく耳にするようになりました。

「嵐」や「スピッツ」が楽曲のサブスク/ストリーミング配信を開始したニュースも話題を呼んでいます。

そこで、本日は「サブスク配信」&「ストリーミング配信」について調べてみたいと思います。

サブスク(サブスクリプション)とは?

サブスクとは「サブスクリプション」の略称で、商品やサービスに対して料金を支払うのではなく、「一定の期間」に対し「一定の料金」支払うことを意味します。

イメージとしては、

・毎月、一定金額を支払う事で購読できる新聞や雑誌

・月額 XX 円で映画やドラマを見放題/配信されている音楽を聴き放題

などです。

newspapers

最近は、月々料金を支払い洋服やアクセサリーをレンタルしたり、レストランで食事ができたり、様々なサービスが増えています。

これらも「一定期間」に「一定の料金」を支払い、サービスを受けるので「サブスクリプションサービス」と呼ばれます。

さて、本題の「サブスク音楽配信」ですが、月額料金で配信されている曲を聴き放題のサービスです。

メリット:

様々な音楽が登録されているので、大好きなアーティストのリリース曲を好きなだけ聴けることや「ちょっと気になる曲」を探して、つまみ食いすることもできます。

個別のシングル、アルバムを購入やダウンロードするよりも費用を抑えられますし、興味の幅を広げる事ができ、気に入るアーティストや音楽を見付けられる可能性があります。

デメリット:

音楽業界では権利関係の問題から、サブスクで配信されていない曲も多数あります。

聞きたい曲が配信されているか入会するまでわからないサービスも多く、目的のアーティストの曲がない可能性もあります。

ですから、人気アーティストであるスピッツや嵐の楽曲の配信開始が大きなニュースになっているのは納得です(>_<)

listening

良く知られているサブスクサービスには以下のようなものがあります。

Apple Music、Spotify、AWA、LINE MUSIC、Amazon Music。

気になる方はお試し期間を利用してみると良いかもしれません^^

ストリーミング配信とは?ダウンロードとの違いは?

girl relax

「ストリーミング」とは配信の方法を表します。

ストリーミング型の配信は、聴いている曲が一時的にデータとしてスマホやコンピューターへ配信されます。曲は保存されない為、スマホやコンピューターの容量を気にする必要がありません。

その代わり、サービスを解約した場合、その曲を聴くことはできなくなります。

曲を借りて聴く感覚ですね!

一方、ダウンロード型の配信は、曲をスマホやコンピューターにダウンロードすることで、曲が保存(自分のものになる)されます。

スマホやコンピューターの容量を取りますが、曲はいつでも再生して聞くことが出来ます。

binary

曲を購入して聴くことです。

そして、サブスク音楽配信サービスは、ストリーミング型のサービスです

なので、表現は異なりますが、「サブスク解禁!」や「ストリーミング配信解禁!」は同じ意味になります。
以下は同じ意味です( *´艸`)

定額制音楽配信サービス = 音楽サブスク配信サービス = 音楽ストリーミングサービス

まとめ

iphone

サブスク(サブスクリプション)= 定期・定額

 ※サービスの形態を表す言葉です。

ストリーミング = ネットを通じて一時的に音楽を聴く

 ※再生方式を表す言葉です。

サブスク音楽配信サービスは、ストリーミング型のサービスです^^

定額制音楽配信サービス = 音楽サブスク配信サービス = 音楽ストリーミングサービス

 

今後、サブスク音楽配信はもっともっと充実したものになっていき、利用者も増えていくでしょう。

自分のライフスタイルに合っていれば、とても便利なサービスだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です