夏用マスク人気は?蒸れないおすすメーカーの快適マスクまとめはこちら!

コロナ自粛をしているうちに、いつの間にか春が過ぎ、夏がやってきましたね!

冬から急に夏になってしまったような…

不思議な感覚です。

自粛も緩和され、徐々に通常の生活に戻って来ていますが、まだまだ外出時には「マスク」をつける必要がありますよね~

でも、このマスクがめちゃめちゃ暑い!!!

今まで夏にマスクをしたことがなかったので、知らなかったのですが…

息苦しさが半端ない…

そして自分の汗と息で湿ったマスクが超不快~!

感染予防とは言え辛すぎます(>_<)

しかし、ご安心ください^^

日本の技術は素晴らしい事を忘れてはいけません。

続々とメーカーさんが夏用の快適マスクの販売にのり出しています。

もぉ~、開発者の方に感謝です!

そこで、今回は「夏用マスク人気は?蒸れないおすすメーカーの快適マスクまとめはこちら!」と題して、蒸れない快適な夏用マスクやおすすメーカーについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね♪

夏用マスク人気は?おすすメーカーの快適マスクはどれ?

みんなの夏マスク

トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売されている夏用のマスクです。

接触冷感・キシリトール加工・抗菌・防臭・速乾

「みんなの夏マスク」は夏にマスク着用で起こりやすいトラブル(熱中症、肌荒れ、抗菌)を考慮して開発されました。

そして一番の特徴はキシリトール加工の生地!

内側は接触冷感仕様なので汗や蒸れを吸収しひんやり感じる事ができ、外側からの熱も伝わり難い構造になっていますので快適に過ごせるようです。

乾きやすい素材の使用や、抗菌消臭にも優れているため、衛生面での心配も不要です。

ネットで人気のあるマスクです。

キシリトールって聞いただけでも涼しそうに感じてしまいますね♪

サイズ:M、L

TO&FROオンラインストアはこちら!

ぴたマスク

ぴたマスク

「ぴたマスク」はイオングループの衣料品メーカー「コックス」より販売されています。

接触冷感の素材を使用しているため、ひんやり感を楽しむことができます。

日差しから肌を守るUVカット機能や顔にピッタリフィットする「フィット」感も人気です。

そうなんです!話しているとマスクがズレて気になりますよね…

このズレのストレスを解消してくれるのがぴたマスクです。

伸縮性があるので耳が痛くなることもありません。

サイズ: 大人用/子供用 各1サイズ

コックス オンラインストアはこちら!

エアリズムマスク

エアリズムマスク

もちろん、忘れてはいけないのが、ユニクロのエアリズムマスクですね。

通気性や速乾性に優れたエアリズムの素材を使った、蒸れにくいマスクの販売に注目が集まっていました。

なめらかな肌ざわりと、長い時間つけていても負担にならない心地よさを追求したそうです。

そして、内側の「高性能フィルター」が飛沫、細菌やウィルスが付着した粒子、花粉などをブロックし、外側のUV機能が紫外線から日焼けを防いでくれるそうです。

通気性が良ければパーフェクトなマスクですね♪

値段も1 パック(3 枚組) 990 円+消費税と、さすがユニクロ!

6月19日(金)からユニクロ店舗やオンラインストアでエアリズムマスクの発売が開始されますのでアクセスが集中し過ぎてサーバーがダウン…、なんてことにならなければいいですが…

サイズ:子供用S、成人用M、成人用L

6 月 19 日(金)日本国内のユニクロ店舗とオンラインストアにて同時発売し日本国内のユニクロ店舗とオンラインストアにて継続的に販売予定。当初はおひとり様各サイズ 1 パック、計 3 パックまでのご購入に制限し、当面毎週 50 万パックを継続的に生産するそうです。

ユニクロ公式サイトはこちら!

スポーツフェイスマスク

YONEXマスク

最後にスポーツようのマスクをご紹介します。

こちらは7月上旬に販売予定ですが、スポーツをする方から注目を集めています。

吸汗速乾機能や抗菌機能、YONEX独自の涼感素材「ベリークール」を使用し、耳の部分でフィット感の調節も可能にしました。

プロのユニホームに使用されている素材を使用してますので、つけ心地の良さが期待できそうです。

YONEX公式サイトはこちら!

夏用マスク|蒸れないおすすマスクの選び方

夏に向けて多くのメーカーが続々と夏用マスクを販売していますが、何が違うのかよくわかりませんよね。

人気のあるマスクを選ぶのも良いのですが、機能をしって自分に合ったマスクを選ぶことも重要です。

素材や生地で選ぶ

青い糸布

各メーカー独自の技術や素材のマスクが続々と販売されています。

素材や生地によっても付け心地が大きく異なりますのでしっかり選びたいですね!

UV素材

しわ、しみ、そばかすなどの原因となる紫外線を吸収して拡散するセラミックスを練り込んだタイプと後加工タイプがあるそうです。

UV素材を練り込んで作ったマスクの方が、洗濯をしても効果が長続きしそうですよね。

今年の夏はマスクのおかげで「色白」をキープできるかもしれませんね♪

そう考えれば、多少の不快も我慢できるかもしれません(笑)

キシリトール加工素材

キシリトールと聞くと、ガムを想像する方がほとんどではないでしょうか。

このキシリトールを、生地に加工すると汗や水分と結合し吸熱反応を起こし熱を冷まします。

この結果、ひんやりと感じることができるそうです。

夏用のスポーツウエアによく使われる素材だそうですが、今年はマスクにも大活躍しそうです。

アイスコットン

アイスコットン生地は綿と麻の2種類の素材を混ぜて紡いだものです。

「アイスコットン」という名前の通り接触冷感に優れています。

マスクを手作りする際に使われることが多い生地ですね。

機能性で選ぶ

child mask stripes

夏用マスクを選ぶ際には機能にも注意が必要です。

特に暑い季節ですから涼しく感じるものや抗菌、防臭・消臭機能に優れていることも考えて選ぶことも必要です。

通気性:

夏のマスク着用で、一番不快感を感じるのが「蒸れ」ではないでしょうか?

なので一番大切かもしれません。

この通気性(空気の通しやすさ)はフィルターやマスクの生地によって大きく変わります。

その点では色々と比較しやすいですから、色々と比較してみましょう。

接触冷感

こちらは言葉の通り、触るとひんやりと感じることです。

冷たく感じるのは、マスクが冷たいわけではなく、肌から発散する熱を奪うことで冷たく感じます。

マスクが本当に冷たいわけではありません。

吸水速乾性

夏用のインナー広告などでよく聞く言葉ですが、水分をどれだけ吸って早く乾かすことができるかです。

マスクは顔に付けるものですから、洋服ほど吸水速乾性は必要が無いにしても、汗や呼吸からできるマスク内の水滴をどれだけ早く乾かす

かによって快適感が大分異なります。

特にスポーツをする方はこれは重要です。

そして、洗えるマスクであればすぐ乾きますから使いまわしに便利ですね。

その他にも以下のようなことに気をつけたいですね。

・選択可能か(洗いやすさ)

 

・素材(厚さ、柔らか)

 

・耳への負担の少なさ

夏用マスク|ウォーキング・BBQ・キャンプなどにおすすめマスク!

マスクをしていると息苦しいだけではなく、話したり食べたりする時にも不自由を感じますよね。

そこでおすすめなのはこちら!

ロゴスマスク

少し見た目に抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、飲食するのにカナリ快適です。

毎回マスクを取る手間が省け、口元の布を少し上げるだけでOK!

しかも、口元の布と布の隙間から風も入ってきますので息苦しさもなく蒸れずに快適に過ごす事ができます。

出勤や通学など日常生活で使用するのではなく、ウォーキングやキャンプ、BBQ大活躍しそうです。

美フィットスキン UVフェイスマスク

アウトドアブランドのロゴスのフェイスマスク。素材にはUVカット、冷感加工を施し、鼻と口元の部分は開閉可能な小窓付き。熱中症予防対策もできる、夏のアウトドアシーンで重宝するアイテムだ。口元から首元をすっぽりと覆うことができるから、首元やうなじの日焼け防止にも。さらに、付け方を変えれば、帽子やターバンにもアレンジ可能。使い方が広がるフェイスマスクだ。

ロゴスのサイトはこちら!

そして、ウォーキングやBBQでついついやってしまう首周りの日焼け…

後ろに布のついたものなら、首焼けも防ぐことができ一石二鳥です。

薄手の素材を選べは蒸れる事もなく快適にウォーキングやBBQができると密かに人気なんです!

これ以外にも、ネットで安く販売しています。

メーカーによって素材が違うようなのでよく検討して購入ください。

まとめ

いかがでしたか?

そこで、今回は「夏用マスク人気は?蒸れないおすすメーカーの快適マスクまとめはこちら!」と題して、蒸れない快適な夏用マスクやおすすメーカーについてまとめてみました。

最近は「おしゃれアイテム」としてマスクを楽しんでいる方も多いと思いますが、用途や自分に合ったマスクを選んで快適な夏ライフをお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です