武田英寿のスパイクブランドはどこ?浦和の背番号や中田英寿と関係も

football

第98回全国高校サッカー選手権大会の決勝に青森山田高校が残りましたね!

サッカーの強豪校と呼ばれる青森山田で大注目の選手「武田英寿選手」のプレーは見ている人を虜にします。

世間では「高校サッカー界の屈指の逸材」と呼ばれているほど…

今回は「武田英寿のスパイクブランドはどこ?浦和の背番号や中田英寿と関係も」と題して、武田英寿選手のスパイクや中田英寿さんとの関係などを調べてみました。

武田英寿選手のスパイクブランドは?

スポーツ選手にとって、使うものや身に着けるものってとても重要ですよね!
サッカー選手にとっては「スパイク」ってとても大切な試合のパートナーだと思うのです。
そこで、武田英寿選手の足元をピックアップ!
武田英寿選手が履いていたスパイクは「ナイキ・ファントムビジョンエリート」や「ナイキ・ファントムヴェノム エリート」でした。

ファントムビジョンエリートは
アッパー全体にフライニットが採用され、
内部にクアッドフィットメッシュのインナーも採用されている2層構造です。
フライニットもクアッドフィットメッシュも柔らかさが確保されており、
足全体にジャストに、柔軟にフィットしてくる感触です。
タイトなラスト設計によってジャストさに拍車が掛かっていますが、
私の細身の足型ならそれがキツさや圧迫感にはならず、
適切な加減でのジャストフィット性を生み出してくれています。

 

ファントムヴェノムエリートは
前足部エリアのフライニットアッパーが新品時から柔らかく、
適度に薄くて、ゴツさや厚みなどのクセがなくなりクリーンなアッパーにアップグレードしたことによって、
前足部のフィット性や足先の収まり具合はファントムヴェノムの方が優れている印象です。
ピッタリと、かつ、ジャストに足先を包み込んでくれていて
包み込まれている感触もソフトなので良好なフィッティングです。
フライニットアッパーの良さが活きています。

武田英寿選手はナイキ派のようですね。

スパイクの評判も良いようですので、武田英寿選手の才能を思う存分発揮できているのでしょう^^
良いパートナーに恵まれましたね(笑)

勿論、実力もありますがスパイクが違うだけでプレーが変わってくるのかもしれませんよ(;゚Д゚)

浦和レッズの背番号は?

ズバ抜けたサッカーのセンスを持つ武田英寿選手は既に浦和レッズの内定をもらっています。

第98回全国高校サッカー選手権大会でも、素晴らし活躍を見せてくれた武田英寿選手のプレーが今後も見れることは嬉しいですねヾ(≧▽≦)ノ

現在、青森山田高校にて武田英寿選手の背番号は10番です。

そして、今月9日に浦和レッズは「2020年の新体制発表会見」を行い、新シーズンの背番号が発表されました。
浦和レッズでの武田英寿選手の背番号は…
じゃっじゃーん!!!
37番です。

これからは背番号37番が武田英寿選手の番号になるわけです。

ラッキー”7″が入っているので縁起が良いのではないでしょうか( *´艸`)

中田英寿と関係は?

サッカーファンの方ならだれもが武田英寿選手の名前に反応してしまいますよね(笑)

そうです!「中田英寿」さんを連想してしまうのです。

中田英寿さんといえば、韮崎高校時代から注目を集め、Jリーグのベルマーレ平塚へ入団。
21歳でイタリア・セリエAのペルージャで大活躍した、日本を代表する選手の1人です。

そして、武田英寿選手の名前は「中田英寿」さんからついた名前です。

武田英寿選手のお父さんが中田英寿さんの大ファンだったことと、ご両親ともにサッカーが好きで「中田英寿氏のように世界で活躍できるような存在になって欲しい」との願いを込めて名付けられたようです。

まだ「世界」まではいきませんが、ご両親の願い通りに「活躍する存在」には間違いなくなっています( *´艸`)

武田英寿選手ってどんな選手?

ますは、簡単なプロフールをどうぞ。

武田英寿(たけだ ひでとし)

 

生年月日:2001年9月15日

 

出身地:宮城県仙台市

 

身長:178㎝

武田英寿選手といえば、青森山田高校のエースであり司令塔!

そして、誰もが認める「高校サッカー界の屈指の逸材」で卒業後は浦和レッズへ入団が内定しています。

内定が決まるまでは、Jリーグのチームからカナリのオファーが来ていたに違いありません(‘◇’)ゞ
武田英寿選手の争奪戦です!

武田英寿選手は宮城県仙台市の出身なので、ベガルタ仙台に入団するのかと思っていましたが、浦和レッズを選んだようですね。
武田英寿選手は海外でのプレーも考えているようなので、浦和レッズの激しい環境にもまれてでもプレーしていく選択をしたのでしょう。

そんな武田英寿選手のは4歳からサッカーを始めています。
小学生時代から既に、目立つ選手でした。

そして、小学校卒業後、仙台を離れ「青森山田中学」へ進学、「青森山田高校」へ進みます。

中学から親元を離れてでもサッカーの技術を磨きたいって、意思の強さを感じます(;゚Д゚)

青森山田中学高等学校は全国レベルのスポーツ強豪校で、特にサッカー部は全国屈指の強豪校と呼ばれています。
そんな青森山田のエースであり司令塔と言われる武田英寿選手の争奪戦で負けたJリーグのチームは凄く悔しがっている事でしょう…

 

関連記事:こちらもご覧下さい!

soccer松村優太のドリブルがヤバイ!兄弟や家族と出身中学や鹿島の内定は?

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は「武田英寿のスパイクブランドはどこ?浦和の背番号や中田英寿と関係も」と題して、武田英寿選手のスパイクや中田英寿さんとの関係などを調べてみました。

既に浦和レッズに内定が決まっている武田英寿選手の争奪戦があったことや、中田英寿さんからついた名前だった事など、武田英寿選手について少しわかって頂けたかと思います。

ご両親の願いの通りに、武田英寿選手がこれから日本で、世界で活躍していく事が楽しみですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です