玉川徹の元嫁や再婚相手かわいい?出身高校大学とテレ朝役職や年収も

camera

テレビ朝日系『羽鳥慎一のモーニングショー』でレギュラー・コメンテーターを務める玉川徹さんの発言がまた炎上しています。

「日本人がマスクをしていたのは『エゴ』」、「PCR検査の精度が悪いのは採取する側の技術の問題」など少し軽率で誤った発言が多い玉川徹さんですが、フリーコメンテーターではなく、テレビ朝日の社員という事は皆さんご存知ですか?

しかも、カナリ高額な給料を貰っているらしいのです…

そこで、今回は「玉川徹の元嫁や再婚相手かわいい?出身高校大学とテレ朝役職や年収も」と題して、玉川徹の元嫁や再婚相手かわいい噂や、出身高校大学とテレ朝役職や年収について調べてみました。

玉川徹の元嫁や再婚相手かわいい?

コメンテーターとして活躍されている玉川徹さんですが、年齢的に結婚されていると思われがちですが、独身だそうです。

現在は独身ですが、以前は結婚していたそうなので、「バツイチ独身」なんです。

元嫁やお子さんがいたのかについては不明ですが、お相手は一般の方だったそうです。

そして、離婚の原因は「玉川徹さんが家事に協力しなかったこと」や「価値観の不一致」のようで、結婚2年ほどで離婚をしています。

玉川徹さんは30歳の時にはすでに離婚していたそうなので、独身生活は長いようです。

そんな「独身主義ではない。ご縁がないということだと思います」と言っていた玉川徹さんですが、2019年11月に40代の美容外科医Xさんとの交際が週刊誌で報じられました。

記事によると女医Xは吉田洋似の40代とは思えないほど綺麗な肌の持ち主で、とても若々しい女性だそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

吉田羊( ♀)Yoh Yoshida(@yoshidayoh_official)がシェアした投稿

・職業は美容外科医(シミ取りのスペシャリスト)

 

・大学病院付属施設や都内クリニック勤務

 

・40代で吉田洋似の可愛らしい女性

 

・美肌の持ち主

 

・交際期間は約1年ほど

玉川徹さんの自宅から出勤する女医Xの姿や、一緒に帰宅する姿も週刊誌に報じられているため、2人はすでに同棲していると噂されていますが、真相はどうなのでしょうか?

玉川徹さんは自身の好みのタイプは「褒めてくれる人」と言っていますが、女医Xについて「すごく優しい、ずっと一人で生きてきたので優しくされることが嬉しい」と言っています。

そして、結婚についてはハッキリとしたコメントはしなかったものの…

結婚したい感が滲み出ていました。

2人の出会いは玉川徹さんが足のイボを取りに訪れた病院です。

女医Xは可愛い方のようですから、玉川徹さんがどのように誘ったのか知りたいところです^^

スポンサーリンク

玉川徹の出身高校大学やプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

梨加(@tominagaricchan)がシェアした投稿

名前:玉川徹(たまかわ とおる)

 

生年月日:1963年

 

血液型:A型

 

身長:176㎝

 

出身地:宮城県

 

出身校:宮城県仙台第二高等学校

 

    京都大学農学部農業工学科

 

    京都大学大学院農学研究科修士課程

玉川徹さんは大学では農業土木分野を専攻しましたが、高校時代はバイオテクノロジーに興味があったそうです。

大学卒業後、テレビ朝日報道局の主任や番組ディレクターの仕事に携わり、現在はコメンテーターとして活躍されています。

玉川徹のテレ朝役職や年収も

玉川徹さんといえば、容赦のない指摘 や批判 コメントでネット炎上も気にしないコメンテーターのイメージなので、てっきり「フリー」コメンテーターと思っていましたが、テレ朝の社員だったんです!

役職はなく平社員ですが、私たちの考える普通の平社員ではありません。

自宅はベイエリアに建つタワーマンション在住、年収は2,000万円超えと言われています!

「モーニングショー」では視聴者目線のコメントや庶民派のように振舞っていますが完全なセレブです。

 

世間の評判

玉川徹さんのコメンテーターとしての魅力の1つは辛口のコメントですが、SNS上で炎上することが多々あります。

最近もPCR検査については、「土日の行政検査を休んでいる」という発言をして、謝罪したばかりですが、またしてもPCR検査の精度について「医療従事者への侮辱」するような発言をして炎上しています。

「PCRの精度があまりよくないというか、7割くらいだという話をよく喧伝されるが、本当にウイルスがあれば、100%近く感度があるはず。7割に落ちているというのは、取った場所にいないとか、取り方が今1つうまくなかったとか、手技や取る場所に依存しているのではないか」

このコメントに対してネット上では「検査やる奴が無能だと言っているように聞こえる」「医療従事者の方々に失礼過ぎる発言」「間違ったコメントをするな!」

などの投稿が続々とあがりました。

 京都大学大学院医学研究科非常勤講師で医師の村中璃子氏もツイッターで、《もう見ちゃダメです》と一刀両断した。

元環境相である細野豪志衆院議員も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る。考えてもらった方が良いと思う。東日本大震災後の彼の無責任な発言には本当に苦労した》とツイートした。

もちろん、PCR検査に精度があまりよくないのは、個人の腕の差ではなく「機器導入が遅い」「慎重にする必要があるので、時間がかかっている」など様々な理由があるようです。

辛口コメントは良いのですが、発言には十分気を付けて欲しいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「玉川徹の元嫁や再婚相手かわいい?出身高校大学とテレ朝役職や年収も」と題して、玉川徹の元嫁や再婚相手かわいい噂や、出身高校大学とテレ朝役職や年収について調べてみました。

コメンテーターとして活躍中の玉川徹さんは可愛い女医の彼女がいるバツイチ独身の男性でした。

なにかと炎上発言を繰りか返す玉川徹さんですが、「炎上なんて気にしない」スタイルをこれからも貫くのでしょうか?

炎上するのは自由ですが世間を混乱させることは避けていただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です