ゴールドジム倒産・破綻で日本はどうなる?影響や店舗閉鎖の可能性も

weights

米ゴールドジムが破産したという衝撃のニュースが発表されました。

日本でもかなり有名なフィットネスジムで、ジムに興味のない方でも名前は聞いたことがあると思います。

大阪や京都、東京都内を中心に川崎や横浜、千葉など多くの街に店舗がありますよね!

今回の倒産はアメリカのゴールドジムとの事ですが、日本は大丈夫なのでしょうか?

多くの会員を持つゴールドジムの今後が気になります。

そこで、今回は「ゴールドジム倒産・破綻で日本はどうなる?影響や店舗閉鎖の可能性も」と題して、米ゴールドジム倒産・破綻で日本はどうなるのか、影響や店舗閉鎖の可能性について調べてみました。

米ゴールドジム倒産・破綻で廃業は?

フィットネスジム「ゴールドジム」を運営する米GGIホールディングスは4日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し経営破綻した。営業は継続する意向だが、現状では新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖している店舗が多い状況だ。再建計画は8月1日までに提出する。

ゴールドジムが破綻とはビックリです!!

世界で約700カ所以上あると言われているジムですから、まさか倒産するとは思いもしなかったですね…

ジムとしては営業を継続するつもりのようですが、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖している店舗が多い状況が大きなリスクになっているようです。

なお、社長兼CEOのAdam Zeitsiff氏はプレスリリースで「ゴールドジムが廃業しないことを100%明確にしたい」とコメント。
強力なブランドがあることを挙げ、何百万人もの人々にサービスを提供することに焦点を当てつつ、デジタルビジネスやライセンス事業を推進することで成長を目指すとしています。

という事ですから、コロナが収束で皆さんがジムに戻れば今後も経営は続けるつもりのようです。

廃業ではない事を強く協調していますね。

しかし、コロナ感染リスクを減らくためにジムの閉鎖を強いられているのは日本も同じですから、大手のゴールドジムが倒産となると…
他のジムも今後どのようになってしまうか心配です(>_<)

米ゴールドジム倒産・破綻で日本はどうなる?

今回、破綻申請をしたのは「米GGIホールディングス」です。

米GGIホールディングスは、自社で経営している店舗のうち、状態が悪化している30カ所を閉鎖すると発表しています。

そして、世界で約700カ所あるジムの大半はフランチャイズらしく「これらの事業は影響を受けない」と言っています。

GGIは、自社保有で経営状態が悪化している30カ所を閉鎖する計画だという。世界で約700カ所あるジムの大半はフランチャイズが占める。同社は「ライセンス事業は影響を受けない」としている。

日本のゴールドジムの運営は「㈱THINKフィットネス」です。

という事は、日本のゴールドジムはフランチャイズ、今回の倒産がいきなり国内店舗に影響するとは限らないという事です。

良かったです(^^;)

日本のゴールドジムはどうなる?影響や店舗閉鎖の可能性も

日本のゴールドジムは「㈱THINKフィットネス」が運営しています。

現時点では、日本のゴールドジムが米ゴールドジム倒産の影響を直接受ける事はないでしょう…

ですが、この「㈱THINKフィットネス」は、もちろん本家とマスターフランチャイズ契約を結んで展開していますから、今後コロナ感染の影響でジムの閉鎖が長引けば、全く影響を受けないとも言い切れません。

もしかすると、地方の小さいゴールドジムから業務縮小を図っていく可能性ありますね。

ネットの反響

やはり、皆さん日本のジムの倒産を心配している声が多いようです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「ゴールドジム倒産・破綻で日本はどうなる?影響や店舗閉鎖の可能性も」と題して、米ゴールドジム倒産・破綻で日本はどうなるのか、影響や店舗閉鎖の可能性について調べてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です