花粉情報2020東京はいつからいつまで飛ぶ?ピークや2月3月4月飛散量も

マスク女性

忙しかった年末年始が終わり、ホッと一息!

しかし、「バレンタイン」と一緒にやってくるのは、憂鬱な花粉症の季節です(>_<)

この時期から花粉症の方は「今年のスギ花粉は多いの?」「いつ頃から対策は必要なの?」「あ~病院に行って薬を貰っておかなくては!」など、本当に憂鬱ですよね…

目は痒い、鼻水は水のようにポタポタ流れる、喉はイガイガ(^^;)
あーーーーー耐えられない!!

その気持ち、わかります。

この時期の生活に、花粉情報が必要不可欠(‘◇’)ゞ

という事で、今回は「花粉情報2020東京はいつからいつまで飛ぶ?ピークや2月3月4月飛散量も」と題しまして、花粉はいつからいつまで飛ぶのか?ピークや飛散量はどの程度なのかなど、2020年の花粉情報について調べてみました。

少しでも花粉症で辛い思いをしている皆様のお役に立てれば嬉しいです^^

2020年の花粉はいつからいつまで飛ぶ?

花粉症に悩まされている方は、だいたいの「花粉の飛散する時期」はお分かりと思います。

例年のおおよその時期は以下のようになっています。

スギ花粉:2月上旬~6月上旬

 

ヒノキ花粉:3月初旬~5月中旬

そして、2020年の予想は以下のようになっています。

スギ花粉:2月10日頃~6月上旬

 

ヒノキ花粉:3月15日頃~5月中旬

2020年花粉の飛散開始は例年並みと言われていますね!

しかし花粉は、飛散開始と認められる前から、少しずつですが飛び始めています。

2月上旬に飛散開始が予測されていても、1月のうちから花粉対策を始めた方が良いと思われます(^^;)

2020年春の花粉飛散予測は、全国的に昨年と比べて少ないと言われています!
良かった~♪

予想と分かっていても「昨年より少ない」という言葉を聞いただけで、気持ちがカナリ軽くなりませんか?

しかし、この言葉に騙されてはいけません!

ここ数年の花粉飛散量が大変多かっただけですから、例年並みの花粉飛散量という事でした(;゚Д゚)
ガッカリですね…

2020年花粉のピークは?

giant-tree-of-life

2020年春のスギ・ヒノキの花粉飛散量は、2019年春の花粉飛散量と夏の気象条件から、2019年よりかなり少なく、過去10年の平均と比較しても40%~70%程度となる地域が多くなると予想されています。また、過去10年平均の花粉飛散量は、10年前と比べ約2倍(船橋市)になっており、近年の花粉飛散量自体は増加しています。
(NPO法人 花粉情報協会 事務局長 佐橋紀男先生)

2020年 飛散ピーク予報:

 

スギ花粉:2月下旬~3月中旬

 

ヒノキ花粉:3月下旬~4月中旬

花粉のピークはスギ・ヒノキの花粉両方が飛ぶ3月ですね。

この時期は外に出るのも嫌になりますよね(-_-)

マスク、メガネや帽子は勿論の事、洗濯物を外に干さないでくださいね!

5月頃までは部屋干しで我慢してください。

花粉2月3月4月飛散量は?

花粉の飛散量は前年夏の天候が大きく影響すると言われています。
高い気温、長い日照時間、雨の少ない夏は、翌年の春の飛散量が多くなるらしいのです(;゚Д゚)

そして、今年の花粉飛散量は、過去10年の平均花粉飛散量の40%~70%程度の地域が多くなると予想されています。

例年に比べて飛散量が少なくなる予測とはいえ、花粉症の症状が辛く感じるには十分な花粉が飛びますから、早めの対策が必要です。

2月はスギ花粉が多く飛散

 

3月はスギ花粉&ヒノキ花粉の飛散ピーク

 

4月ヒノキ花粉が多く飛散

花粉ピーク

まとめ

いかがでした?

今回は「花粉情報2020東京はいつからいつまで飛ぶ?ピークや2月3月4月飛散量も」と題しまして、花粉はいつからいつまで飛ぶのか?ピークや飛散量はどの程度なのかなど、2020年の花粉情報について調べてみました。

昨年と比べると花粉の飛散量が少ないと言われていますが、実際は例年並みのようです(>_<)

残念です…

マスクをする、うがいをする、薬を飲む、鼻うがいをする、ヨーグルトを食べるなど色々と対策や予防はあります。
ご自分に合った対策で辛い花粉の季節を乗り越えていきましょう(‘◇’)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です