LINEお坊さん便の依頼や値段や支払方法は?お気持ち後払いや信頼性は? 

お坊さん1

お坊さんを自動的に手配するシステム「お坊さんスマート手配システム」の運用が全国で開始されました。

これは「よりそう」がLINE公式アカウントを通じて、全国にお坊さんを手配するサービスです。

時代も変わりましたね(゚Д゚;)

LINEを通じての「お坊さん便」がどのようなサービスなのか調べてみました。

—– 目次 ——————————————————-

・お坊さん便とは?

・手配や値段

・アマゾンとの違い

——————————————————————–

お坊さん便とは?

お坊さん2

お坊さん便は、インターネットを通じ全国のお坊さん(1300人)を手配できるサービスで、自動的に利用者の要望にマッチしたお坊さんを手配します。

もちろん、菩提寺(ぼだいじ)のない方でも手軽に法要を手配できるシステムです。

※菩提寺(ぼだいじ)とは、先祖代々のお墓のあるお寺のことです。

手配や値段

手配の流れは以下のようになります^^

電話やウェブサイトで、法事の依頼を受ける
  ↓
入手した、希望日時/場所/宗派をもとに、システムがお坊さんリストを自動生成
  ↓
LINE公式アカウントから提携している僧侶向けに法事の概要が書かれたメッセージを配信
  ↓
メッセージを受け取ったお坊さんが「依頼を受諾する」することで法事のマッチングが成立

手つなぎ
  ↓
利用者へ僧侶の決定が連絡され、利用者へお坊さんから挨拶の電話がかけられる
  ↓
利用者のもとにお坊さんが向かう

とてもシンプルな流れですね!後、気になるのは時間がどの位かかるのか?だと思います。

システムの実証実験では、一日葬のお坊さんの手配において、最大2時間程度かかっていた手配業務が最短1分で完了という状態まで短縮されています。

お坊さん側も、スマホに依頼通知が届くため、どこにいても迅速に依頼を受けることができ、時間の短縮になったようですね(‘◇’)ゞ

数分で依頼が完了!

しかし、時期によるのかな?とも思います。

提携しているお坊さんも「お坊さん便」だけが仕事ではないので、お坊さんの忙しい時期はマッチングに時間がかかってしまうでしょう。

最悪は見つからない事も有り得る話です…(^^;)

気になるお値段ですが…

お金

「お坊さん便」で定められた金額があります。

気になる方はサイトをチェックしてくださいね^^

こちらでは省略させて頂きます。

そして「お気持ち後払い」は、お坊さん便に定められた金額を下限とし、一定の範囲で上乗せして支払うことが可能になるシステムです。

これは、利用者より「仏事に対するお礼、供養や信仰への想いから別途お布施を渡したい」と言う場合に適用されます。

んんん…法要当日に直接お坊さんへ支払ってはいけないのでしょうか?

その方が、楽な気がしませんか?

アマゾンとの違い

アマゾンロボ

「よりそう」はアマゾンでも「お坊さん便」を提供していたが、10月24日をもってアマゾンでの取り扱いを終了しています。

理由としては、「宗教者や宗教行為をECサイト上で“商品”として扱うことに抗議していた全日本仏教会との話し合いの結果だ。」と伝えていますが、それだけではなく、お坊さんの質に問題もあったと言う噂もあります(>_<)

アマゾンで提供していた「お坊さん便」と今回の大きな違いは「お気持ち後払い」が追加されたことですが、お坊さんの質など、見えない問題は改善できているのでしょうか?

「お坊さん便」はとても便利なサービスと思います。

ですが、一方でお坊さんの知識や経験、人柄は当日まで知ることはできません。

故人を送る大切な儀式は自分の納得のいくお坊さんに任せたいと思うのは古い考えなのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です