西村康稔の娘と嫁や実家は?評判と学歴経歴やボクシングについても

ボクシングカンガルー

安倍総理大臣が西村康稔経済再生担当大臣を新型コロナ法改正担当相に任命しました。

新型コロナウイルスの大流行で世界規模でパニックになっているなか、「コロナ・デマ」や「コロナ・ハラスメント」までも国民を混乱に陥れていますが、西村康稔氏は大丈夫なのでしょうか?

西村康稔氏は、災害時に会食を楽しんでいた事で大炎上の過去がありますが…

国民が大注目している新型コロナウイルス騒動ですから、責任重大!

結果によっては、また「大炎上」になる可能性もありますよね(>_<)

そこで、今回は「西村康稔の娘と嫁や実家は?評判と学歴経歴やボクシングについても」と題して、西村康稔氏の娘と嫁や実家についてと、学歴経歴や評判とボクシングについても調べてみました。

西村康稔の娘と嫁や実家は?

西村康稔氏は明石市東仲之町の大崎時計店の孫で、父親はサラリーマンです。

家族構成は両親と弟の4人家族ですが、西村康稔氏はご結婚されていますので、現在は奥様と娘さん3人の5人家族になります。
とても仲の良いご家族のようですね♪

女性4人に男性1人の家族ですから、きっと肩身が狭い思いをしているのですないでしょうか(笑)

このての家族構成のお父さんは、女性に圧倒されるのか…
家では大人しい方が多いですよね^^

奥様の西村信子さんのお父様は元政治家の吹田愰氏で、安倍総理大臣の祖父である岸信介元首相と親交が深かったようですから、西村康稔氏と安倍総理大臣の繋がりは奥様が関係していたようですね。

勿論、それだけではないと思いますが…

政治の世界では、このような関係が大切なんでしょう…
安倍内閣が「お友達内閣」と言われる理由がわかります(^^;)

西村康稔氏には3人の娘さんがいらっしゃいます。

余り情報はありませんでしたが、2016年に長女、2018年に次女が成人式を迎えているようです。

そして、西村康稔氏は娘さんにの為に料理をすることもあるようですから、きっと優しお父さんなのでしょう( *´艸`)

スポンサーリンク

西村康稔の学歴・経歴は

まずは学歴と経歴を見てみましょう!

1981年 私立灘高等学校卒業

 

1985年 東京大学法学部卒業

 

1985年 通商産業省入省
通商産業省の他、経済企画庁に出向、石川県商工課長等を歴任

 

1992年 米国メリーランド大学公共政策大学院より修士号取得

 

1999年 環境立地局調査官を最後に退官

 

2008年 外務大臣政務官

 

2009年 自由民主党政調副会長兼事務局長
経済産業部会長、財務金融部会長、選対事務局長

 

2012年 内閣府副大臣

 

2016年 衆議院内閣委員長
自由民主党総裁特別補佐、筆頭副幹事長、選対副委員長

 

2017年 内閣官房副長官(第3次安倍第3次改造内閣)
内閣官房副長官(第4次安倍内閣)

 

2018年 内閣官房副長官(第4次安倍改造内閣)

 

2019年 経済再生担当
全世代型社会保障改革担当
内閣府特命担当大臣(経済財政政策)(第4次安倍第2次改造内閣)

素晴らしい経歴ですね!きっと賢い方なのでしょう(;゚Д゚)

通産省環境立地局調査官を最後に、官僚としての仕事の限界を感じ、退官。「政治がかわらなければ、日本は変わらない。政治が国の方向性、政策の指針を示すべし」との信念のもと、政治家を目指す。

通産省時代に政治家になる事を決意したようですね、「政治がかわらなければ、日本は変わらない」という言葉は”グッ”ときますね!

その後、様々な役職を経て2019年経済再生担当大臣になっています。

西村康稔氏のプロフィール

名前:西村康稔(にしむら やすとし)

 

生年月日:1962年10月15日

 

血液型:B型

 

出身地:兵庫県明石市

 

趣味:秘境巡り、マラソン、俳句や茶道、映画鑑賞、観劇、写真など

学生時代には、陸上、野球、ボクシング部などで活躍されています。

西村康稔氏は賢いだけではなく、スポーツも万能なようです(‘◇’)ゞ

年齢の割にスタイルが良いのはやはりスポーツがお好きだからでしょうか?

自己管理ができている感があって素敵ですね( *´艸`)

 

西村康稔の評判の悪さやボクシングについても

西村康稔氏は大学時代にボクシングをされていました。

カッコイイですよね!

賢い上に、”バッキバキ”の腹筋を持ったボクシング選手だったようですので、女子に人気があったのではないでしょうか( *´艸`)

大学時代のアマチュアボクシングの成績は9勝2敗と強かった事を物語っています!!

過去には自民党内の、党ボクシング振興議員連盟の会長も務めていました。

西村康稔氏を調べているとネット上で「評判が悪い」「炎上」などという言葉を見掛けます。

一体何が原因だったのでしょうか?

調べてみると、2018年の西日本豪雨の際に、赤坂宿舎で行われて会食(飲み会)に参加。

会食中の楽しそうな写真をツイッターに投稿したことで炎上!

「災害は発生したのは、会食の後だった」と弁明していますが「後の祭り」…

更に、その後ツイートした情報が間違った情報だった為に炎上を大きくしてしまったようです。

西村康稔氏、やってしまいましたね(^^;)

毎回の事ですが、このパターン…
国民は怒りを感じますよね。

最近では、コロナ感染で多くのイベントやコンサートが中止される中、秋葉賢也氏が会食会を開いていた事で炎上しています。

そして、もう一つはベトナム買春疑惑です(;゚Д゚)

公務でベトナムへ行った際に、7人のホステスをホテルのスイートルームへ招き入れ、その中の3名と行為にいたったとされています。

そして、600ドルを対価として渡したとも…

これは「アウト」でしょ~

もしこれが本当なら、辞任問題ではないでしょうか?!

しかし、西村康稔氏はベトナム出張は認めたものの、ホステスをホテルへ連れ込んだことや行為にいたって600ドルを渡した事などについては否定しています(‘◇’)ゞ

んん~、ホテル関係者の目撃情報もあるようですから限りなく「黒」に近いですね(^^;)

まとめ

いかがでしたか?

そこで、今回は「西村康稔の娘と嫁や実家は?評判と学歴経歴やボクシングについても」と題して、西村康稔氏の娘と嫁や実家についてと、学歴経歴や評判とボクシングについても調べてみました。

現時点での評判は余り良くないようですが、今回の新型コロナ法改正担当相としての活躍で一気に好感度を上げて名誉挽回をはかって欲しいものですね^^

新型コロナ法改正担当相としての西村康稔氏の活躍に注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です