鬼滅の刃の映画公開日延期や中止ある?制作会社脱税の影響はある?

人気漫画「鬼滅の刃」のアニメ制作などを手がける制作会社Ufotable(ユーフォ―テーブル)が約1億4000万円を脱税したニュースが報道されました。

このユーフォ―テーブルは人気漫画「鬼滅の刃」のテレビアニメの制作会社でもあり、ことし10月公開予定の「鬼滅の刃」の劇場版の新作も担当していらしいのです。

今回の脱税報道、10月公開映画「鬼滅の刃」に影響はないのでしょうか?

そこで、今回は「鬼滅の刃の映画公開日延期や中止?制作会社脱税の影響はある?」と題して、制作会社Ufotable(ユーフォ―テーブル)と「鬼滅の刃」の劇場版のへの影響があるのか調べてみました。

鬼滅の刃の映画公開日延期や中止の影響はある?

Ufotable(ユーフォ―テーブル)が製作を担当する「鬼滅の刃」の劇場版の公開は大丈夫なのでしょうか?

「鬼滅の刃」劇場版を楽しみにしているファンの皆さんは気になりますよね。

コロナ騒動で延期なのでは?とも言われた「鬼滅の刃」劇場版ですが、大きなスクリーンで早く観たいですよね!

実は、2019年3月からUfotable(ユーフォ―テーブル)は脱税の疑いをかけられていました。

アニメ鬼滅の刃のがスタートしたのは2019年4月ですから、脱税疑惑の中で「鬼滅の刃」のアニメは放送されたことになります。

そして、脱税の収益は以前から製作しているFateシリーズに関連するのではないかと言われていること、国税庁の指導に従い既に修正の申

告を済ませ全額納税済みと社長がコメントしていることから、「鬼滅の刃」劇場版に影響が出る可能性は低いと思われます。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の制作会社脱税の

Ufotable(ユーフォ―テーブル)は2000年に創業、テレビアニメなどの制作を手がけています。

代表的な作品は、大人気作品の「鬼滅の刃」、「Fate」や「テイルズオブ」シリーズ、「刀剣乱舞」などがあります。

そして、アニメの製作だけではなく、アニメカフェなどの運営も東京・大阪・徳島などで行っています。

今回疑われているのは、このカフェなの売り上げを少なく見せ、所得隠しをしたのでないかということです。

脱税したお金は社長の自宅の金庫で保管されていたようで…

凄いですね…、約1億4000万円を自宅金庫にって庶民には考えられません!

社長のコメントによれば、既に修正申告を行い、全額納税したとの事ですから、良かったですね。

NHKの取材に対し、会社の弁護士は「修正申告を行い、全額納税しました。ファンの皆さまをはじめ関係者にご心配をおかけし、心よりおわび申し上げます。より良い作品作りに向け経営の適正化に努めて参ります。」とコメントしています。

 

世間の反応

皆さん脱税の報道で会社名Ufotable(ユーフォ―テーブル)ではなく、「鬼滅の刃」制作会社と報道されている事に不快な思いをしているようですね…

確かに報道する側としては注目を集めるために「鬼滅の刃」を出していますがファンや作者の方に失礼ですね。

ただ、報道する側の気持ちも少しわかりますよね…

「アニメ制作会社Ufotable(ユーフォ―テーブル)が約1億4000万円の脱税!」って報道されてもスルーされそうですからね(笑)

まとめ

今回は「鬼滅の刃の映画公開日延期や中止?制作会社脱税の影響はある?」と題して、制作会社Ufotable(ユーフォ―テーブル)と「鬼滅の刃」の劇場版のへの影響があるのか調べてみました。

製作しているアニメが素晴らしくても「脱税」をしてしまっては黒いイメージがついてしまいます。

日本のアニメファンのためにもクリーンな経営をしていただきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です