北川景子主演映画ファーストラブ!あらすじや役柄とキャストや原作は?

北川景子1

島本理生さんのベストセラー、「サスペンスミステリー小説『ファーストラヴ』」の映画化が決まり、北川景子さんが主演を務めることが発表されました。
2021年公開予定のこの映画、主演の北川景子さんが髪を30cmも切って挑む意気込みにマスコミの注目を集めています。

原作や、その他作品

第159回直木賞を受賞した島本理生さんの小説「ファーストラヴ」は直木賞を受賞した後も重版を繰り返して、累計発行部数12万部を超えるベストセラーになっています。

島本さんの映画作品は、松本潤さんX有村架純さんで映画化されたな「ナラタージュ」や、夏帆さんX妻夫木聡さんの「Red」などがあり、登場人物の深い心理描写に惹きつけられます。

北川景子2

北川景子6

映画化はされていませんが、「夜はおしまい」も人気のある作品です。

島本さんの作品は、読みだすと止まらなくなる麻薬的な魅力があり、特に女性から支持されています^^

あらすじ

映画「ファーストラブ」は新しいタイプの作品で、ミステリーの中にも人々の愛情やドラマが織り込まれたエンターテインメント性が魅力と思われます。

北川景子5

物語は「動機はそちらで見つけてください」と、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺する場面からスタートします…

アナウンサー志望の美人女子大生の聖山環菜(ひじりやまかんな)は面接会場から試験を放棄し、父親の勤務先へ向かいます。

そして父親を刺殺。

容疑者となった環菜の挑発的な言葉「動機はそちらで見つけてください」がマスコミに大々的に取り上げられ大騒ぎになります。

北川さん演じる「真壁由紀(まかべゆき)」は幸せな生活を送っている公認心理師。

環菜が起こした父親殺害事件のドキュメンタリー本の執筆を依頼されたされたことをきっかけに事件や環菜に、翻弄されていきます。

 

由紀は、環菜の二転三転する供述に翻弄されながらも面会や手紙のやり取りを重ねていきますが、その中で環菜に過去の自分と似たものを感じ始めます…

そして由紀は、少しずつ事件に侵食され、殺していた気持ちが蘇り、本当の自分と向き合わなくてはならなくなるのです。

そして…、今まで築き上げてきた大切な生活が崩れてゆきます…

父親殺しの容疑者である美人女子大生の挑発的な言葉はなぜ?

なぜ環菜は父親を殺さなくてはならなかったのか?

「ファーストラヴ」の意味とは?

事件の真相が明かされる時、予測できない衝撃のラストが待ち受けています!

んんん…興味を掻き立てられます(>_<)

勿論、なぜ環菜は父親を殺さなければならなかったのか?もありますが、由紀の過去が気になります。

どんな気持ちを押し殺していたのでしょうか?

なぜ幸せな生活が崩れてしまうのでしょうか?

気になり過ぎて映画を待たずに原作を読んでしまいそうです(^^;)

北川景子3

北川さんは下記のようにコメントしています。

原作・脚本を読みながらも胸が苦しかったのですが、今だからこそやるべき作品だと思いました。
人は皆、大なり小なりそれぞれが問題を抱えていたり、心に傷を負っているものですが、それがいつの日か救われたり、乗り越えられる日が来るのかもしれないと思わせてくれました。そして胸がえぐられるような場面もあるのにもかかわらず、原作を読み終えたとき、心の澱を洗い流せたような、清々しく前を向けたような気持ちになりました。
私はあの気持ちが忘れられなくて、映画をご覧になる方々にも同じ想いになっていただける作品にしたいです。

出典:ナタリー

北川景子演じる公認心理師とは?

dyslexia

心理職において国内で初めての国家資格で、17年の公認心理師法施行により認められました。

心の問題を抱えている人に対し、専門的知識及や技術をもって心理状態の観察や分析、また解決に向かうための相談/助言/援助を行います。

日本では、まだまだカウンセリング的なものに通うことが「恥ずかしい」という傾向がありますが、アメリカなどではカウンセリングへ通うことは、恥ずかしい事でも隠すことでもありません。

病院に行く感覚でカウンセリングへ行く話を皆さんします。

心の病が多くなった現代に必要不可欠な仕事ですね^^

やりて監督&脚本家

mask

監督は、仲間由紀恵さんX阿部寛さん共演の「TRICK」シリーズや、戸田恵梨香さんX加瀬亮さんの「SPEC」シリーズ、2019年公開された「十二人の死にたい子どもたち」などを手がけている堤幸彦さんです。

そして、脚本は、映画「NANA」や「今日、恋をはじめます」、ドラマ「ラスト・フレンズ」や「八日目の蝉」の浅野妙子さんです。

北川さんは2人と仕事ができる事を大変喜んでいます♪

キャストやロケ地は?

キャストやロケ地についての情報は現在ありませんでした(>_<)

※2019年 現在は関東近郊で撮影中ということです。

しかし、人気作品の映画化、北川景子さんが主演、そして監督が堤さんに脚本が浅野さんという、そうそうたるメンバーですので、実力派の女優/俳優さんが揃う事は間違いないでしょう。

 

映画「ファーストラヴ」は、2021年に公開予定です。
北川さんは、「原作・脚本を読みながらも胸が苦しかったのですが、今だからこそやるべき作品だと思いました」とコメントしています。
「今だからやるべき作品」とはどのような事なのでしょうか?
2021年の映画の公開が待ち遠しいですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です